NAET® アレルギー除去療法とは?

アレルギーとアレルギー関連症状のための革新的、自然の解決法


NAET®の考え方─病気の原因としてのアレルギー

個々の人間はどんなものに対してもアレルギーを引き起こすおそれがあります。どんなものがあるかと言えば、食物、飲料、薬物、薬草、ビタミン、水、衣服、宝石、化学品、塗料、シリコーン、ラテックス、プラスティック、花粉、草、ほこり、ダニ、昆虫などなど。

アレルギーの症状はごく軽いものから非常に重くて生命に危険のある病気まで多様です。西洋医学の科学者たちは今でもその正確な原因とアレルギーの性質を研究しています。西洋医学の観点では、アレルギーとは免疫系の過剰反応のことです。アレルギー除去法を創始したDr. NambudripadのNAET療法(Nambudripad's Allergy Elimination Technique)によると、アレルギーとは東洋医学の原則に基づいた包括的な観点でとらえられます。つまり、アレルギー物質が身体のエネルギーの流れに影響を及ぼす視点から定義されるのです。

アレルギーとはひとつあるいはそれ以上の物質に対してある人が異常に敏感になる状態のことを言います。ただし、これらの物質はその他の大多数の人間には無害である場合が多いのです。アレルギーの人間にとって、アレルギー物質(アレルゲン)は脳で身体の健全さに対する脅威と捉えられます。アレルゲンに触れると、経絡と呼ばれるエネルギー通路が妨害されるため、身体の電気回路を通じた正常なエネルギーの流れが阻害されます。このエネルギーの妨害のために、神経系を介した脳と身体の間の連絡が干渉を受け、アレルギー反応にいたる連鎖反応が始まるのです。

診断未確定のアレルギーは好発性の病気や慢性疾患の原因であることが多く、放っておくと重篤な病気や危篤的な病気になります。病気、疼痛、炎症、頭痛、発熱、心臓発作、脳卒中、奇形、腫瘍、多様な身体的・生理的・心理的不快感があると、脳は危険のおそれを身体に発信します。とくに身体内にエネルギーの流れが阻害されている場合にこのことがあてはまります。身体にエネルギーのアンバランスがあると、ひとつあるいはそれ以上の臓器系の健康状態が低下します。NAETは脳を再教育し、エネルギーの通路の阻害を取り除くので、身体は完全なバランス(ホメオスタシス)を取り戻し、正常に働くので、最適な健康に達することができるようになります。


Copyright ©2017 MASUDA CHIROPRACTIC.─無断複製使用禁止─